マックスバリュ川原店(エムワイホーム) > 株式会社エムワイホーム マックスバリュ川原店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産投資のための税金戦略:節税のポイント!

不動産投資のための税金戦略:節税のポイント!

≪ 前へ|不動産投資のリスク管理戦略:成功を追求するために   記事一覧   物件の評価基準:正確な価格を見積もる方法|次へ ≫

不動産投資のための税金戦略:節税のポイント!

カテゴリ:不動産投資




不動産投資で節税ができるのか気になっている人もいるかもしれません。結論をいえば、不動産投資で節税をすることは可能です。近年では節税目的で不動産投資をはじめる人も増えています。

 しかし、不動産投資の知識が乏しい状態で投資をはじめて、失敗する人も少なくありません。

 これから、不動産投資における節税のポイント、節税希望の不動産投資をする場合の注意点、不動産投資が節税対策になる人・ならない人などをご紹介します。



不動産投資の節税とは?




不動産投資は事業としての収入を得られます。そしてさらに、不動産投資は節税につながる場合があるのも事実です。しかし、不動産投資と税金のつながりがわからないという人も多くいるかもしれません。

 そもそも不動産投資とは、不動産を購入して、その保有権や賃貸権を保有することで利益を得る投資のことをいいます。不動産投資は長期的に資産形成を行うための、有効的な手段とされています。

 そのため、安定した収入や資産価値の上昇によって資産増大を期待できるのです。近年では節税や収入を得る手段として、副業で不動産投資をはじめる人も増えてきています。

 なお、不動産投資で節税できるのは、住民税、所得税、法人税、相続税、贈与税、の5つです。




不動産投資における節税のポイント!





不動産投資における節税のポイントには、節税効果の高い物件を選ぶ、数十年後を予想して投資する、節税目的の不動産投資のリスク・デメリットを理解するなどがあります。

 おさえるべき節税のポイントを確認して、不動産投資の際に活用してみてください。

節税効果の高い物件を選ぶ

不動産投資における節税のポイントに、節税効果の高い物件を選ぶというものがあります。不動産投資で節税効果を最大限に活かすために、節税対策の高い物件を選択することが重要になってきます。

 なお、節税効果が高い物件とは、耐用年数が短い物件のことを指します。耐用年数が短い場合、それだけ大きな額が1年間で減価償却されるのです。そのため帳簿上の赤字が大きくなります。

 その結果、課税される所得税が少なくなるのです。このように大きな節税効果を発揮するので、節税効果の高い物件を選ぶようにしてください。

数十年後を予想して投資する

数十年後を予想して投資するのも、不動産投資における節税のポイントのひとつです。不動産物件を購入するとき、数十年後をみすえて投資を行ってください。不動産投資は長期的な投資になるケースが多いです。

 そのため購入時から数十年単位で、投資計画を考えておくのが重要になります。最後に不動産を売却する可能性もあるので、結末をどのようにするかを視野に入れて物件を購入するのがオススメです。

節税目的の不動産投資のリスク・デメリットを理解する

不動産投資における節税のポイントに、節税目的の不動産投資のリスク・デメリットを理解するというものがあります。不動産投資には節税効果があるというメリットが存在しますが、デメリットも存在します。

 固定資産税や不動産取得税が発生する・年収が低い場合の節税効果は薄いなどがデメリットです。収益が赤字になる可能性があるというリスクもあります。

 節税ができるというだけですぐに投資をはじめるのではなく、全体のリスクやデメリットを理解してから行動にうつすことがオススメです。



不動産投資の税金対策!サラリーマンの場合






サラリーマンなどの給与所得者は、給与だけで節税することは難しいです。しかし副業を行えば一定の節税ができます。不動産投資も副業と考えてみましょう。

 不動産投資を行えば、賃貸収入を得ることが可能になります。また毎月の一定額の収入と一緒に、不動産を維持するための経費がかかります。そのため赤字になる恐れもあるのです。その一方で経費や控除を上手く活用すれば、人によっては数百万円単位で節税することが可能になります。

不動産投資は節税にならない?





不動産投資は節税にならないという話を、聞いたことがある人もいるかもしれません。これは物件によって節税効果が異なるためだと考えられます。不動産投資では、物件の性質や条件によって節税効果が異なる場合があるのです。

 不動産投資では償却期間と建物比率の2つが、節税効果に影響を与えます。償却期間は減価償却できる期間のことです。建物比率は物件価格における建物の比率のことを指しています。

 節税目的で不動産を行う場合は、償却期間が短く、建物比率が高い物件を選ぶ必要があります。償却期間が短く建物比率が高い物件は、短期間で多くの減価償却費を計上して高い節税効果を期待できるためです。

 償却期間が短い物件というのは、耐用年数が短い中古物件です。また償却期間が長いのは、耐用年数が長い新築物件となります。

 新築物件の場合は1年あたりの減価償却費が少なくなるため、大きな節税効果は期待できません。選ぶ物件によって節税効果に大きな差が出るという注意点は、忘れないようにしてください。

節税希望の不動産投資をする場合の注意点




節税希望の不動産投資をする場合、不動産投資にはさまざまなリスクがあるということに注意が必要です。不動産投資は収入が得られて資産形成に適しています。また節税効果まで期待できます。

 しかし、あくまで投資であるということを、忘れないようにしてください。投資である以上、株式投資と同じように損失が出てしまう恐れもあるのです。

 不動産投資の最大のリスクが、空室リスクです。不動産では常に入居希望者がいるわけではありません。そのため、空室期間が発生することも少なくないのです。空室期間中は収入が得られなくなります。

 空室状態が続くと、収益に影響が出てくる可能性が高いです。また、不動産の賃貸収入は市場の需要や競争状況に左右されます。周辺環境によって賃料が下がったり、入居率が低下したりするケースもあるほどです。

 不動産投資には経営という側面があることを、覚えておくようにしてください。さまざまなリスクを把握して、適切な事前調査や先を見据えた計画を立てることが重要になってくるからです。


不動産投資が節税対策になる人・ならない人





不動産投資は節税対策として有効な場合もありますが、そうでないケースも少なくありません。また不動産投資が節税対策になる人・ならない人が存在します。

 これから不動産投資が節税対策になる人、不動産投資が節税対策にならない人を順番に解説していきます。自分はどちらに当てはまるか、確認してみてください。

不動産投資が節税対策になる人

不動産投資が節税対策になるのは、収入が多く高額納税している人です。具体的には年収900万円以上の人が該当します。課税所得が900万円以上になると、累進課税によって所得税率が33%以上になるのです。

 しかし不動産投資で損益通算や減価償却費などの節税手法を活用することで、経費の形状によって所得を抑えて、課税ベースを減少させることが可能です。課税所得が900万円以上の人は、不動産投資で節税するのがオススメです。

不動産投資が節税対策にならない人

不動産投資が節税対策にならないのは、年収900万円以下の人です。年収900万円以下の人は税率がそれほど高くありません。そのため不動産投資を行っても、投資に関わるコストやリスクに見合った節税効果が得られないのです。

 不動産投資ローンを組む場合は、年収が低いとローンが通らない可能性もあります。また不動産投資を行うと、多額の借金をするケースもあるので注意しましょう。

 年収900万円以下の人は、そうまでしても不動産投資をするメリットが低いという現状になっています。




まとめ|節税のポイントで節税効果を最大限に活用!




不動産投資は家賃収入が得られるだけではなく、住民税や所得税などの税負担を軽減する可能性をもっています。しかし誰にでも高い節税効果を発揮するわけではないので、注意が必要です。

 これから不動産投資をはじめようと思っている人は、今回紹介した不動産投資における節税のポイントを実践してみてください。そうして節税効果を最大限に活用できるようになれば幸いです。


当社ではお客様購入後のアフターフォローも行っております。名古屋市の不動産売却・購入はマックスバリュで住まい相談エムワイホームにお任せください。
不動産取引にかかる仲介手数料無料・半額で承ります。
不動産の買取も行っており、最短当日で査定が可能です。査定は無料ですのでぜひご相談ください。





≪ 前へ|不動産投資のリスク管理戦略:成功を追求するために   記事一覧   物件の評価基準:正確な価格を見積もる方法|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 老人ホーム紹介
  • 学区検索
  • 売却査定
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社エムワイホーム マックスバリュ川原店
    • 〒466-0853
    • 愛知県名古屋市昭和区川原通6丁目2番1号
      マックスバリュ川原店1階
    • TEL/0527156922
    • FAX/0527156921
    • 愛知県知事 (1) 第23764号
      損害保険代理店
  • イオン銀行住宅ローン
  • 信頼できる不動産屋さん認定
  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

  • 仲介会社向けサイト
  • いえらぶBB

村田 真義 最新記事



村田 真義

安心して不動産の売買をしてほしいという思いから、積極的に顔を見せて身分を明らかにしています。 しつこい営業はしません。わたしもしつこくされるのが嫌いです。 名古屋市は、住みやすく、美味しいものも多く、働きやすいと、たくさん良いところがあります。 一人でも多くの人に、名古屋の良さを知って欲しい、そして暮らして、働いて定住して欲しいと思っています。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


トップへ戻る