ワントップハウス 川原店 > マックスバリュで住まい相談エムワイホーム川原店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産流通の業況

不動産流通の業況

≪ 前へ|初めても、見直しも保険の事ご相談ください   記事一覧   「フラット35」6月金利下がりました|次へ ≫
一般財団法人土地総合研究所が令和2年4月分の不動産業者の経営状況等の業況等に関するアンケート調査結果を公表しました。

マンション、戸建、土地、売却、購入、成約、取引価格


不動産流通業(住宅地)では、マンション、戸建、土地全ての指数が前回調査の1月時点(コロナ禍前)と比較して下落しています。

購入に関しては人口の減少の影響等から下落傾向にありましたが、売却に関してもコロナの影響からか、様子見の状態になっていると考えられます。

取引価格に関しては都心部への人口集中の影響等で、購入希望者が減っている状況でも上昇傾向にありましたが、飯田グループホールディングスやオープンハウスグループ等の土地や中古戸建、中古マンションの買取業者も、コロナ禍において買い控えの傾向が顕著になっていることから下落傾向になっています。
≪ 前へ|初めても、見直しも保険の事ご相談ください   記事一覧   「フラット35」6月金利下がりました|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る