ワントップハウス 川原店 > マックスバリュで住まい相談エムワイホーム川原店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの返済は繰り上げすべき?注意すべき点とは?

住宅ローンの返済は繰り上げすべき?注意すべき点とは?

≪ 前へ|住宅ローン控除の受け方とは?確定申告はなぜ必要なの?   記事一覧   住宅ローンの借り換えってどう?メリットや注意点は?|次へ ≫
カテゴリ:不動産お役立ち情報

住宅ローンの返済は繰り上げすべき?注意すべき点とは?

住宅ローンはなるべく繰り上げて、予定よりも短期間で返済することと目標にされている方も多いのではないのでしょうか。
住宅ローンの繰り上げには2つの方法があり、良いことばかりではなく実はデメリットもあります。
今回は名古屋市でマイホーム購入を検討している方に向けて、住宅ローンの繰り上げ返済の方法やメリットデメリットをお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの繰り上げ返済の前に知っておきたい!2つ返済方法とは

住宅ローンの繰り上げの返済方法には2種類あります。
まず1つ目は返済期間短縮型といい、その名の通り返済期間を短くすることを目的としています。
この返済方法では、たとえば35年ローンで借りたローンを30年に短縮することができ老後のライフプランなどにゆとりが持てます。
月々の返済額は減りませんが、期間が減ることで支払う利息を効率的に軽減できます。
2つ目の返済方法は返済額軽減型で、返済期間はそのままに月々の支払額を減らせます。
トータルで見て期間短縮することと比較すると利息は減りませんが、金利が上昇した際のリスクに備えることができます。
また小さかった子どもが中学や高校に進学して月々の出費が増えたとき、繰り上げをして支払額が少なくなれば助かりますね。

住宅ローンの繰り上げ返済は必要?メリットデメリットは?

住宅ローンの繰り上げ返済をすると利息を含めた総返済額を減額できるのが最大のメリットです。
一方で繰り上げ返済は必ずしたほうがよいというわけではなくメリットデメリットがあります。
まず住宅ローン控除を受けている期間内は、ローン残高の額に比例して控除額が還付されるので繰り上げ返済をしてローンを減らすのは得策ではありません。
現在は低金利なので住宅ローン減税を利用したほうがおトクになることも多いです。
さらに繰り上げ返済には金融機関によっては手数料がかかることもあるので、確認が必要です。
また住宅ローンは長い目で見て、金利の安い生命保険のような役割を持っています。
返済が難しくなる重病や死亡などの万が一に備えて団体信用生命保険やガン特約などをつけておくことも可能です。
そのため子どもの進学などでまとまった現金が必要となる時に備えて、住宅ローンはそのままに現金は手元に残しておくほうが良いこともあります。
繰り上げ返済をしなくても家計を圧迫しない返済額に設定できるように、資金計画を立てるのがおすすめです。

住宅ローンの繰り上げ返済は必要?メリットデメリットは?

おすすめ|マンション特集

まとめ

今回は名古屋市でマイホーム購入を検討している方に向けて、住宅ローンの繰り上げ返済の方法やメリットデメリットをお伝えしました。
住宅ローンを繰り上げ返済すると利息を減らして総返済額を減らせます。
繰り上げに充てるまとまった金額を用意できたときは、繰り上げ返済をした場合の利息軽減効果を実際にシミュレーションしてみることをおすすめします。
マックスバリュで住まい相談川原店は、名古屋市の不動産情報を豊富に取り扱っております。
仲介手数料無料で安く家を買いたい方は、お気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅ローン控除の受け方とは?確定申告はなぜ必要なの?   記事一覧   住宅ローンの借り換えってどう?メリットや注意点は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る