ワントップハウス 川原店 > マックスバリュでMYHOMEのスタッフブログ記事一覧 > 無料の老人ホーム探しのススメ①介護施設の種類

無料の老人ホーム探しのススメ①介護施設の種類

≪ 前へ|JR中央本線「春日井駅」周辺総合再生計画!!   記事一覧   無料の老人ホーム探しのススメ②施設探し|次へ ≫
カテゴリ:老人ホーム
ワントップハウス マックスバリュ川原店では全国に2,000ヶ所以上ある「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者住宅」等の中から、最適な施設をご紹介いたします。

こちらから施設検索もできます↓



名古屋市昭和区で、進学や就職での初めての一人暮らしの賃貸探し、同棲や結婚での二人で暮らせる賃貸探し、家族が増えたことで一戸建てや分譲マンションの購入、定年退職した後の終活における老人ホーム探しなど「お客様のライフステージのターニングポイントに選んで頂ける不動産会社」を目指しています。

特に愛知県名古屋市周辺の施設紹介、家族が遠方におられる方なら全国各地にある施設も無料でご紹介できます。


☑介護施設の基礎知識

●特別養護老人ホーム

 略して特養と呼ばれることが多い介護老人福祉施設です。
常時介護を必要とし、在宅での生活が困難な高齢者に対して、入浴、排泄、食事などの日常生活の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話など生活全般の介護を提供する施設です。地方自治体や社会福祉法人などが運営しています。
 入居一時金はなく月額費用も約8万円~約15万円と他の施設よりも比較的安く利用が可能です。そのため、利用希望者が非常に多くなっており入居待機者も多数おられますので、数年待ちの施設が多くなっています。
 入居条件としては、原則要介護3以上の認定を受けた65歳以上の高齢者が対象となっています。ただし、やむを得ない事情がある場合は、特例として入居が認められることがあります。詳細は、各市区町村にお問い合わせください。



●介護老人保健施設

略して老健と呼ばれる施設で、病気やけがなどで入院して症状が安定した高齢者が、その後の自宅での生活が難しい場合、在宅復帰を目指すための施設のことです。医学的管理のもとで介護、看護、リハビリテーションを受けながら短期間(原則として3~6ヶ月)で入所を見直し在宅復帰を目指す施設です。ただし「リハビリがうまく進まず目標とする身体状態まで回復していない」、「家族の受け入れ態勢が整わない」などの理由から、延長されるケースもあります。
そのため終の棲家にはなり得ず、特別養護老人ホームの入居待ちとして利用している方もいます。

●グループホーム


医師から認知症と診断された高齢者が少人数(1ユニットは5~9人、1施設に原則2ユニットまで)で共同生活を送りながら、身体介護、機能訓練などが受けられる施設です。
他の介護施設と比べて小規模なのは、家庭的な雰囲気のもと、地域社会に溶け込んで、心穏やかに暮らしてもらうためです。
認知症ケアの知識や経験のある専門の介護スタッフが24時間体制で食事、入浴、排泄などの日常生活に必要な支援や認知症ケアを行い、自分自身で食事・清掃・入浴などが行えるよう、自立をサポートします。
原則として、施設のある自治体の住民票の登録(原則として三ヵ月以上の在住)がある人だけが入れる「地域密着型サービス」です。

●ケアハウス

家庭での生活が困難な60歳以上の高齢者が、低料金(自治体の助成を受けて運営されているため)で食事や洗濯などの介護サービスを受けられる施設です。ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設です。軽費老人ホームの一種であり、「軽費老人ホームC型」とも呼ばれています。今後利用を検討される人が増えていく施設ではないでしょうか。

ケアハウスには、「一般(自立)型」と「介護型」の2種類があります。

①一般(自立)型ケアハウス
 一般(自立)型ケアハウスは、家族による援助を受けることが難しく、自立した生活に不安のある60歳以上(夫婦の場合、どちらか一方が60歳以上)の方が利用できる施設です。受けられるサービスは、食事、掃除・洗濯等の生活支援、緊急時の対応などです。介護サービスを利用する場合は、外部事業者との契約となります。

②介護型ケアハウス
 介護型ケアハウスは、65歳以上で要介護度1以上の高齢者を対象としています。特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設であり、食事・生活援助サービスだけでなく、特定施設入居者生活介護サービス(入浴、排泄、機能訓練、療養上のお世話等)を行うことができる施設です。認知症や看取りの対応をしているところもあり、介護度が上がっても退去する必要はなく、長く住み続けられます。


●有料老人ホーム

高齢者が心身の健康を維持しながら生活できるように配慮された「住まい」のことです。
食事サービス、家事援助、介護サービス、健康管理のいずれか(複数の場合も)のサービスを提供しています。入居者の状況やニーズに応じて「介護付」「住宅型」「健康型」という3つのタイプがあり、提供されているサービス内容や運営会社によって、サービス、施設の価格帯、設備もさまざまです。

想定されている入居対象者も、自立している方のみを対象とする施設、要介護認定を受けている方のみを対象としている施設、あるいはその両方を受け入れる施設など様々です。

①介護付き有料老人ホーム
要介護状態でも生活できる施設です。
要介護状態になった場合、「特定施設入居者生活介護」サービスを利用し、食事、洗濯、清掃等の生活支援、排せつや入浴等の身体介護、機能訓練、レクリエーション、サークル活動などのサービスを受けられます。

②住宅型有料老人ホーム
主に自立度の高い高齢者を対象としている施設です。
要介護状態になった場合、居宅介護支援事業所や訪問介護、通所介護など、在宅介護者向けの居宅系介護保険サービスを入居者自身が選んで利用する必要があります。

③健康型有料老人ホーム
介護サービスを必要としない高齢者のみを対象とした施設です。
家事サポートや食事等のサービスが付いた高齢者施設となっています。
身の回りのことは自分でこなせるが、一人暮らしでは万一の時に不安があるといった自立した高齢者が、温泉やスポーツジムなど、元気な状態をなるべく維持することを目的とした設備が充実していたりします。
要介護となった場合は、契約を解除し退去しなければなりません。

入居先を選ぶ場合は、心身の状態やライフスタイル、入居後に受けたいサービスなどを踏まえて、自分に合った施設を選ぶことが大切です。

 

●サービス付き高齢者向け住宅

略して「サ高住」「サ付き」などと呼ばれる施設で、主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅です。
介護不要な自立した高齢者、もしくは要支援、要介護度の低い高齢者が主な対象です。
基本的には、介護職員による見守りサービス・生活相談サービスを受けながら、自由度の高い暮らしをしていただくことが目的となっています。
しかし最近では、有料⽼⼈ホームとサービス⾯で遜⾊のない施設や独自のやり方を行っている施設も増えています。しかし有料老人ホームと比べると費用は比較的安い傾向にありますが、スタッフの人数が少なかったりするので、目の届かない所があったりするかもしれません。施設ごとにしっかりと比較検討してして吟味していただければと思います。

まずはワントップハウス マックバリュ川原店にご相談ください。





≪ 前へ|JR中央本線「春日井駅」周辺総合再生計画!!   記事一覧   無料の老人ホーム探しのススメ②施設探し|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る